【ステップ】の【評判】【口コミ】を徹底チェック!│株コミ

クチコミ総合ランキングBEST10

栄光インデックス
栄光インデックス
このサイトのクチコミを見る
KABUEVANGELIST/株エヴァンジェリスト
KABUEVANGELIST/株エヴァンジェリスト
このサイトのクチコミを見る
株マイスター
株マイスター
このサイトのクチコミを見る
株探プレミアム
株探プレミアム
このサイトのクチコミを見る
じょうしょうダルマ~未来に繋げる株式投資~
じょうしょうダルマ~未来に繋げる株式投資~
このサイトのクチコミを見る

※ランキングは口コミ投稿ユーザーからの
評価点数を基に順位を確定させております。

株初心者必見!始める前に
見るべきまとめ

仮想通貨初心者必見!
始める前に見るべきまとめ

運営会社一覧

お知らせ

https://twitter.com/kabukomi
twitterを開始したのでこちらも宜しくお願い致します。

ステップ」の概要summary of this site

サイト名 ステップ
評価点数

評価点数の星 4.5

※口コミ投稿による平均点数です
ランキング

第1位

商号 株式会社ステップ
所在地 東京都千代田区霞が関3-2-5
電話番号 03-6228-6154
代表者名 岡本孝治
URL https://step-toward.com/lp02dji44w/
ステップ screenshot

このサイトを見に行く

注目サイト特集

現在アクセスの多いオススメサイトやお問い合わせの多いサイト、話題になっているサイト等を中心に取り上げ掲載しております。

特集ページはこちら

ステップ」の口コミ・レビューreview buzz口コミは、あくまで投稿者の感想です。 感じ方には個人差があるのでご注意ください。

悲しい顔のイラスト
投稿者村松
評価評価なし
2022年10月2日
ここの無料レポートが一番使えると思います。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年10月1日
PCEは上振れ、FED高官のタカ派トーンは衰えず、下落トレンド継続。ただポジション的には陰の極となっており、ここからショートはそれはそれでリスキーな状態。次にFEDがピボットする可能性があるのは金曜の銀行株の決算か雇用統計。雇用統計は労働参加率の上昇、失業率増加があれば金利低下、株高のトリガーになりえる。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月30日
トラス英首相の大幅減税案をそのまま進めるコメントで再度リスクオフ。カーマックスが決算で、アップルが証券会社による投資判断引き下げでそれぞれ下落。特にアップルは-5%近くとなり、指数にも大きなインパクト。PCEで次のトレンドを見極める段階。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月29日
BOEのQE再開で世界的に金利が低下し、ポンド上昇、ドル低下、株、コモディティ上昇。センチメントは多少改善。ここからPCEまでは上昇が見込めそうな雰囲気。あとはPCE次第でその後のトレンドも出そうか。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月28日
経済指標は米経済の予想以上の強さを見せ、それに加えてセントルイス連銀ブラード総裁の更なる引き締めがあるというコメントで米金利上昇。そこまでは米株価は強かったものの、そこにロシアがウクライナのナフトガスに対し制裁対象とする意思があると報道され、欧州天然ガスが急騰。欧州のリセッションが意識されて株価は下落。やはり基本的にセンチメント的には上だが、何か材料が出てきて下というのが数日続いている印象。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月27日
英金利を筆頭に世界的に金利上昇。米10年も3.9%まで上昇。現時点までのFOMCのSEPを判断材料にすれば米10年は4%前後が妥当水準と思われそろそろ金利上昇も一旦は一服感。目先はBOEが緊急利上げをするかどうかが焦点。緊急利上げが示唆されたところでポンドが落ち着いたため、緊急利上げがあれば良いが、緊急利上げがなければ再度ポンド安が進む可能性があり、世界的にリスクオフ色が強まる。ただポジショニング的にもBOEの緊急利上げがあれば一旦はセンチメントが改善しそう。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月24日
英の大規模経済対策発表から英政府の債務に信用不安が発生し英金利上昇、ポンド下落、英株下落を受け、ドル上昇、米金利上昇、米株下落、原油などコモディティ下落。ただ仮想通貨は強く米テックとのデカップリングが進む。FOMCのSEPを織り込むのであれば金利はまだ上昇する余地があり、株価もPERなどから判断すると下落余地があることになるが、投資家のポジションは軽くAAIIなどを見ても悲観色が強いことから好材料があれば一気にショートカバーが入る可能性も。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月23日
金利上昇、株価下落。特に株はラッセル2000が大きく下落し、ヘルスケアが上昇。Q3の決算を控え完全にディフェンシブシフト。金利が上昇したためLQD、HYGも下落。ただBTC、ETHは大きく上昇しFOMC前の水準を試す勢いとチグハグな面も。FEDウオッチは現在2022年12月で4.25-4.50、2023年2月~11月が4.50-4.75、12月が4.25-4.50。仮想通貨の動きは気になるものの、そこ以外だけを見ると反騰の材料は乏しい。次に上昇の機会になりえるのが月末PCEか。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月22日
FOMCでは一旦株価が上昇したもののその後下落。VIXも一瞬30超えに。FEDウオッチは現在2022年12月で4.25-4.50、2023年2月~7月が4.50-4.75、9月が一旦下がり4.25-4.50、11月が再度上がり4.50-4.75、12月が4.00-4.25とより鷹派に。ドットチャートでは2024年まで利下げはない予想。ただこれからQ3の決算がはじまるが、あくまで現時点のFEDの見通しは経済や雇用が思った以上に強い現在の状況を反映してのもの。経済状況が悪くなれば当然引き締めの手を緩めるタイミングが来るが、その切り替わりのタイミングが株のトレンドの転換点になりそう。そのため、今後の決算は会社単位ではバットニュースイズバットニュースだが、総じてみればバットニュースイズグッドニュースになり得そう。
悲しい顔のイラスト
投稿者匿名
評価評価なし
2022年9月21日
SP500は3日連続の下髭。ただ金利がここまで上昇しても株が持ちこたえているのは、あくまでこの金利はFOMCを警戒してのものだからと見える。これを考えるとFOMCの内容次第では金利は一気に低下、リスクオンの可能性が残る。FEDウオッチでは2022年12月で4.25-4.50、2023年3月5月が4.50-4.75、6月~11月が4.25-4.50、12月に4.00-4.25。これ以上の鷹派なSEPはあまり想定できない。

このサイトを見に行く

▼口コミ投稿フォーム

投稿者名
評価
コメント
 

■迷惑行為対策のため、スパム行為等の口コミは削除致します。
■同じ方からの連続投稿や内容の薄い口コミ、誹謗中傷や名誉毀損になり得るものについても口コミ掲載を削除する場合がございます。
■各投資サイトからの具体的なメール内容などの転載行為は禁止させて頂いておりますので(サイトから削除依頼が寄せられてしまいますため)、予めご理解頂いた上でご投稿ください。
■不正な評価の操作を防ぐ為、同じ方からの評価は3回目以降は「評価なし」となります。