【評判】【口コミ】株式投資助言&投資顧問サイトを徹底チェック│株コミ

クチコミ総合ランキングBEST10

グラーツ投資顧問
グラーツ投資顧問
このサイトのクチコミを見る
株マイスター
株マイスター
このサイトのクチコミを見る
KABUEVANGELIST/株エヴァンジェリスト
KABUEVANGELIST/株エヴァンジェリスト
このサイトのクチコミを見る
株探プレミアム
株探プレミアム
このサイトのクチコミを見る
Solution/ソリューション
Solution/ソリューション
このサイトのクチコミを見る
四季〜SHIKI〜
四季〜SHIKI〜
このサイトのクチコミを見る
総合投資情報サイトTRADER’SWEB/トレーダーズウェブ
総合投資情報サイトTRADER’SWEB/トレーダーズウェブ
このサイトのクチコミを見る
じょうしょうダルマ〜未来に繋げる株式投資〜
じょうしょうダルマ〜未来に繋げる株式投資〜
このサイトのクチコミを見る

※ランキングは口コミ投稿ユーザーからの
評価点数を基に順位を確定させております。

運営会社一覧

お知らせ

https://twitter.com/kabukomi
twitterを開始したのでこちらも宜しくお願い致します。

利用する価値がない投資情報サイトの見分け方how to distinguish

ここは使えない!?利用する価値がない投資情報サイトの見分け方

三人がノートパソコンを囲むイラスト

株コミのような比較サイトで口コミ・評判をチェックしてる方でも投資情報サイトを使ってみて「結果が伴わない」、「何の為に利用したのか」なんて一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

ここでは株コミ運営者が投資情報サイトを使ってみて、「結果が伴わない」、「何の為に利用したのか」とうんざりするサイト判定の仕方を記載しています。当然、利用者様からお寄せいただいたそれぞれの投資情報サイトの口コミや評判も利用するうえでの判断の目安にもなりますのでご確認ください。

このページに記載されている判定の仕方を利用して株トレードで役立つ投資情報サイトを探し出す参考にしてもらえればと思います。個人的感想になりますので、もし記載した内容と合致する投資情報サイトだとしても実際にそのサイトが「使えない」、「役に立たない」となるかは分かりません。

しかし、少しでも株コミを利用してる方のトレード生活がよい日々になっていただきたい為、利用する価値がない投資情報サイトを選ぶことがないようにお手伝いできればと思います。

ではどのように判定すればいいのか、利用する価値がない投資情報サイトの見分け方については以降、項目順に記載していきます。

株価なんか上がるか下がるかのどっちかしかないからそこまで慎重にやらなくてもいいんじゃないかと思う方もいるかもしれません。しかし、失ってしまうのは大事な大事な資産です。それにどうせ投資情報サイトを使うならしっかりと稼ぎたいですよね。
損して嬉しいと思う人はかなり皆無、もしくは稀なはずです。ですので、より成果をあげる為にもこのページに記載されている判定の仕方を駆使してよりより投資情報サイトを使って株式投資で稼いでいきましょう。

利用する価値がない投資情報サイトの見分け方のポイント

ポイントを指差す男性とノートパソコンのイラスト

ここからは、株コミ運営者が利用する価値がない投資情報サイトの見分け方のポイントを記載していきます。

見分け方のポイントは、「それはいくらなんでもそれは当たり前でしょう?!」なんて思えるようなものもあげています。そういった投資情報サイトは分かりやすいという意味では良心的といっても良いかもしれません。

  • ・登録した途端に身に覚えのないメールが届くようになる
  • ・しきりに電話番号を聞き出そうとしてくる
  • ・サポート対応にやる気が感じられない

上記に記載した3つが見分け方のポイントとなりますが、やはりまずは登録してみないことには分からないことばかりです。ですので、今回はメールアドレスがあればすぐに会員登録できる投資情報サイトを対象にしています。

このページではあくまでも見分け方のポイントを記載するだけですので、「該当の投資情報サイトがこのサイトだ!」といったように明記することは致しません。会員登録してしまったサイトで、もし上記に該当してるようでしたら注意が必要かもしれません。また、株コミへ口コミをしてくれてる方のコメントもチェックして利用する価値がないと判断した場合は速やかに切り捨てましょう。

それでは、各見分ける基準について説明していきます。それでは早速、それぞれの見分けるポイントについて記載していきます。

登録した途端に身に覚えのないメールが届くようになる

メールが大量にきて困っている男性のイラスト

一つ目の利用する価値がない投資情報サイトを見分るポイントですが、ズバリ「登録した途端に身に覚えのないメールが届くようになる」です。

メールアドレスがあればすぐに会員登録ができる投資情報サイトを対象とお伝えしましたが、そのサイトからのメールマガジンなどは会員になったので送られてくるのは問題ありません。しかしながら、登録したら利用したこともないようなサイトであったり、よくわからない広告メールが来るようになったら要注意です。

そういった投資情報サイトは初めからその目的の為に会員を集めていた可能性があります。サイトにとっては登録させることが目的になるのでそれ以上はありません。
ですので、当然サイトから提供される投資情報はまったくといって期待ができるわけがありません。早々に見切りをつけて次の投資情報サイトを探す方が建設的になります。メールアドレスがあれば簡単に登録ができるからといって普段使っているメールアドレスを使用して登録するのはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

もちろん、登録した覚えがない投資情報サイトから送られてくる情報やよく分からない広告に手を出すのは厳禁です。そういったところは本来であればありえないような儲けられる情報を有料で提供するなどと言ってくるので無視しましょう。

なんでもかんでも積極的に登録してチェックするのが一番確実ではありますが、数多くの投資情報サイトが存在しています。まずは比較サイトなどで評判の良いサイトに目星を付けて試していくようにするのがベターです。

しきりに電話番号を聞き出そうとしてくる

電話番号を聞かれて困っている男性のイラスト

続いて、二つ目の利用する価値がない投資情報サイトを見分るポイントですが、それは…「しきりに電話番号を聞き出そうとしてくる」です。

メールアドレスのみで会員登録できるからと簡単に投資情報を提供してもらえると思ったら、何かについて電話番号を聞かれた。皆さんはこんな経験ありませんか?

そういった投資情報サイトは電話番号を教えたが最後、怒涛のように有料情報を売りつける営業電話を掛けてくる可能性があります。

真に優良の投資情報サイトであれば過度な営業などしなくともおのずと利用者は多いです。過度な営業電話をしてくるサイトは、とにかく「情報を売りたい」というのが最優先されるため、提供される情報は二の次になります。

また、そういった投資情報サイトに限って情報料が目が飛び出るほどに高額だったり、情報を買わせる為に提供情報の成果値がバカみたいに高かったりします。もちろん、提供される情報はおざなりなモノなので成果値まで達成することはまずありません。

何かについて電話番号を聞かれるような投資情報サイトは注意が必要になってきます。儲かる話は誰だって知りたいですが、美味しい話には必ず裏があると思っておいたほうがいいでしょう。

サポート対応にやる気が感じられない

サポート対応に困っている男性のイラスト

最後、三つ目の利用する価値がない投資情報サイトを見分るポイントは、「サポート対応にやる気が感じられない」です。

これは投資情報サイトに限らず、どんなジャンルのサイトであっても同じかもしれませんが、株トレードになってくるとどれだけ強力なサポートがあるかどうかで精神的にも大きく変わってきます。

問い合わせをしても返答がくるのが一週間後だったりした場合、株価は日々変化しますのでトレードのタイミングを失してしまう可能性が大です。そして、それは投資家としては手痛い損失に繋がります。つまり、機会損失です。

ということで、投資情報サイトのサポート対応が良くないところは利用する価値がない投資情報サイトを見分けるポイントとなります。

とはいえ、サポート対応にあまり注力しないで情報収集のみに特化してるような投資情報サイトがないとは言えませんので、まずは無料提供されている情報をしっかりと吟味しましょう。

利用する価値がない投資情報サイトのまとめ

webサイトの株コミを案内している男性のイラスト

ここまで解説してきた内容は当たり前といえば当たり前のことばかりかもしれません。しかし、そういった当たり前のことでも再確認して貰えればと思います。

最低限の見分け方を把握していれば、最悪の結果は免れるハズです。それに加えて、株コミのような比較サイトに寄せられている利用者の口コミコメントは非常に役立ちます。

株コミサイトでも、出来る限り投資情報サイトの掲載をしていくようにしていますが、もし当サイトにまだ掲載されていない投資情報サイトがあれば、お気軽にお知らせください。

また、口コミにつきましても投資情報サイトを利用した際に体験したことなど、お気軽にコメントを残していっていただければと思います。

今回の利用する価値がない投資情報サイトを見分ける方法とともに口コミをしっかり確認して成果が期待できる投資情報サイトを見つけましょう。